トップページ

    このサイトではユンボの買取相場が分かるおすすめの重機買取業者を紹介しています。
    「ユンボの買取相場を調べて高額買取してくれる専門店に売りたい。」と考えている場合はこのページで紹介しているオススメの重機買取店で調べてみてください。

    ユンボを高額買取してもらうために大事なことは「複数の重機買取店で査定の依頼をする」です。1社の重機買取店だけとか近隣の建設機械買取店で下取りを依頼しようと考えているなら明らかに損をするのでやめておきましょう。

    トラックや重機・建設機械の一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるので時間がかかりません。複数の重機買取業者からの査定額を比較することができるので、ユンボ(油圧ショベル)の買取価格の相場を調べる手間が省けます。
    トラック買取.com

     トラック買取.comは、トラックやユンボの買取相場を調べられる商業車両の無料査定サイト。
    他社の買取見積書を持っている場合は、その金額よりも高くユンボを買い取ってもらえます。

    しかも、ネットの買取査定サービスにありがちな「しつこい営業電話」もありません。「断りにくい状況を作りません。」と宣言している買取業者なので、安心してユンボの無料査定に申し込めます。

    もちろん、全国の出張買取に対応していて利用は無料。離島でも山間部でも完全に無料です。

    即日の現金買取にも対応していますし、台数も金額も無制限です。
    「まとめてユンボを何台も売りたい」という場合でも、その場で現金支払いをしてもらえます。






    トラック一括査定王

     トラック一括査定王は、1分もかからない簡単入力でユンボの買取相場が分かる無料の一括査定サイト。
    複数の業者と提携してして、厳選5社にユンボの買取査定を依頼できます。

    いくつもの重機買取業者に査定の依頼を申し込むことで買取金額の違いや相性を比較することができるので、複数業者に査定依頼をして長い距離を走ったユンボを1円でも高く売りましょう。

    「いくつもの買取業者に買取査定をお願いすると断るのが大変で…」という場合でも、業者へのお断り代行サービスをしていますので、安心して利用してみてください。






    トラック王国

     トラック王国は、長年の実績を持つ老舗の中古トラック買取業者。
    中古トラックやユンボ、重機の現車確認や試乗ができる展示場が全国5ヵ所にあり、中古トラックの販売サービスも行っているので、独自の販売ルートを持っています。

    その為、他社よりもユンボを高く売れる可能性があります。
    テレビCMやラジオ、雑誌などでも宣伝しているので知名度も抜群で全国への出張査定も無料。

    商業車によくある低年式や過走行車、廃車寸前の状態でも独自の販売ルートがあるため、高額買取が可能です。
    看板消しやレッカー移動も無料ですし、「10年以上使っているユンボを買い取って欲しい」という場合でも査定依頼ができます。






    車買取コラム

    自分が持っている車を売ろうとして査定に出したときに、査定額が付かないと言われることがあります。

    例えば、走行距離が10万kmを越えている「過走行」の車だったりする場合や、事故の状態が大きくて修理の後も大きい場合などは0円査定になってしまうケースも良くあることです。

    たくさんの会社で査定してもらったとしても同じように買取額はつかないと言われたときにも、一般的な買い取りではなくて廃車専門の買取業者へ引き取ってもらう方法もあるので、落胆して売却を止めてしまう必要もないということです。

    近頃、中古車販売の大手において一般大衆に向けた車の査定アプリを提供していますが、プロ仕様の中古車査定支援アプリも存在します。

    これは、実際の査定業務経験があまりなくてもなるべく査定しやすくなるように開発されたアプリです。

    専用の機械とプロ用に開発されたアプリケーションを一緒に使えば、これから見積もりを出そうとしている車の査定以前に何か理由があって修理に出したことがあるかを確認できる仕様になっている場合がほとんどでしょう。

    事故や故障を起こしてしまった車の修理歴というものは、もし嘘をついて中古車買取の査定に出したとしても査定スタッフには嘘だと直ぐにバレます。

    軽微な損傷であって、それに見合った修理がされているならば通常の修理車と同様に考えないときもあるので、隠し立てせずに伝えることが必要です。

    万が一沢山の業者で査定しても同様に査定額が付かないと言われてしまった場合には、事故や故障車に特化した買取業者で見積もりを出してもらうと良い結果が生まれるかもしれません。

    車を売ろうと思ったら、業者から見積りをとることが第一歩です。

    インターネット上での査定というのは機械的な査定にすぎませんから、あとで業者による実車査定を終えてから、正式な見積額が出てきます。

    満足のいく価格であれば、車検証など必要書類一式や印鑑証明などを揃え、その業者と売買契約を締結します。

    契約が済んだら車両の名義変更と引き渡しといった一連の手続きを経て本契約から約1週間程度で代金が支払われ、売却に関するすべての作業が終わります。

    業者が提示した買取額で了解し、車を売却しようという段階になったら売主が用意しなければいけない書類がいくつかあります。

    また、軽自動車は認印で契約できますが、普通乗用車は実印と印鑑証明書が必須といった違いがありますから、注意してください。

    普通車でも軽でも必要なものといえば車検証で、あとは自動車リサイクル券(預託証明書)、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書の用意は必須です。

    それから取引の際は実印と、業者の指定する期間内の印鑑証明書が必要です。

    しかし軽乗用車に限っては実印ではなく市販の認め印が使えるため、印鑑証明をとる必要もありません。

    車を中古買取業者に売却する場合、悪質な業者に騙されないよう気をつけなければいけないことがあります。

    簡単にいえば、契約書をよく読むことです。

    不要なことは契約書に書かれていませんから、逆に言えば契約書の内容すべてが重要です。

    そして契約書は本人が署名押印していれば読んで了承したことになり、法的にも有効です。

    事前説明と異なる契約内容になっていないかなど契約金額に関する文章はしっかり目を通す必要があります。

    口約束は契約書の前には無力ですので、すべて目を通した上で契約書を交わすようにしましょう。

    自動車を売却してすぐその場でお金を受け取って帰りたいときには、即金に対応している買取業者を探してください。

    大々的に即金対応可能と明言していないところでも、中には相談すれば即金対応してくれるところもあります。

    でも即金で対応してもらうと言うことは、自分の足元を見られることになり、低めの見積額しか出してくれなくなる可能性が高いのです。

    即金対応にこだわるのかちょっとでも高く売却したいのか、優先順位はどちらが上なのかを判断して、後者が優先順位が高かったらその場で現金を手にすることばかり考えるのはいささか早計といえます。

    月々のローンの返済がまだ残っている場合でも買取業者に売却することは可能です。

    ただ、車検証の所有者欄が売却する人と同じである必要があります。

    まだ名義がローン会社になっている場合は、ローンを返し終わるまでは車の所有権は本人にはありません。

    ですから、債務がなくなって名義を書き換えてからでないと売れません。

    もし返済中の車を売るのなら、ローン会社から特別に許可を得れば、売却と同時にその利益をもって完済するという方法もあります。

    親友などに愛車を買い取ってもらう場合には、曖昧になりやすいのが車の支払いに関することなどです。

    車売却はそもそも大きな金額が動く行為です。

    いくら親しい友人であるからと言っても、名義変更や支払いの期日、いくらで売るのかなど、トラブルになりやすい重要な項目に関してはきちんと書面にしたためるべきです。

    きちんと念書を作るのを嫌がる人では、後からトラブルに発展してしまう危険性があるので、売却するのを考えた方が良いかも知れませんね。