トップページ

    このサイトではユンボの買取相場が分かるおすすめの重機買取業者を紹介しています。
    「ユンボの買取相場を調べて高額買取してくれる専門店に売りたい。」と考えている場合はこのページで紹介しているオススメの重機買取店で調べてみてください。

    ユンボを高額買取してもらうために大事なことは「複数の重機買取店で査定の依頼をする」です。1社の重機買取店だけとか近隣の建設機械買取店で下取りを依頼しようと考えているなら明らかに損をするのでやめておきましょう。

    トラックや重機・建設機械の一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるので時間がかかりません。複数の重機買取業者からの査定額を比較することができるので、ユンボ(油圧ショベル)の買取価格の相場を調べる手間が省けます。
    トラック買取.com

     トラック買取.comは、トラックやユンボの買取相場を調べられる商業車両の無料査定サイト。
    他社の買取見積書を持っている場合は、その金額よりも高くユンボを買い取ってもらえます。

    しかも、ネットの買取査定サービスにありがちな「しつこい営業電話」もありません。「断りにくい状況を作りません。」と宣言している買取業者なので、安心してユンボの無料査定に申し込めます。

    もちろん、全国の出張買取に対応していて利用は無料。離島でも山間部でも完全に無料です。

    即日の現金買取にも対応していますし、台数も金額も無制限です。
    「まとめてユンボを何台も売りたい」という場合でも、その場で現金支払いをしてもらえます。






    トラック一括査定王

     トラック一括査定王は、1分もかからない簡単入力でユンボの買取相場が分かる無料の一括査定サイト。
    複数の業者と提携してして、厳選5社にユンボの買取査定を依頼できます。

    いくつもの重機買取業者に査定の依頼を申し込むことで買取金額の違いや相性を比較することができるので、複数業者に査定依頼をして長い距離を走ったユンボを1円でも高く売りましょう。

    「いくつもの買取業者に買取査定をお願いすると断るのが大変で…」という場合でも、業者へのお断り代行サービスをしていますので、安心して利用してみてください。






    トラック王国

     トラック王国は、長年の実績を持つ老舗の中古トラック買取業者。
    中古トラックやユンボ、重機の現車確認や試乗ができる展示場が全国5ヵ所にあり、中古トラックの販売サービスも行っているので、独自の販売ルートを持っています。

    その為、他社よりもユンボを高く売れる可能性があります。
    テレビCMやラジオ、雑誌などでも宣伝しているので知名度も抜群で全国への出張査定も無料。

    商業車によくある低年式や過走行車、廃車寸前の状態でも独自の販売ルートがあるため、高額買取が可能です。
    看板消しやレッカー移動も無料ですし、「10年以上使っているユンボを買い取って欲しい」という場合でも査定依頼ができます。






    車買取コラム

    買取のお店に行く暇がなかったとしても、ウェブで車の見積もりを行えるホームページはたくさん存在しています。

    サイト上で算出した金額よりももっと詳しい価格は店舗の担当者が実際に査定して確認しないと一概には金額を言えない状況もありますが、一瞬で多数の店舗の査定を受けることができるため、おおよその今の段階での査定相場を知る上で大変有用ですね。

    それにもまして、相場とあまりにもかけ離れた値段を付けた買取業者を現実的な売却店の候補から外すことができるので便利ですね。

    車を売却する際に販売店との間で起こるかもしれないトラブルには何個かあるでしょうが、トラブルの中には大変たちの悪いものもあるのです。

    査定額に納得して車を手放した後から、もう一度確認したら不備があったなどと売却金額を下げられてしまう事も実際にたくさん見受けられます。

    売却金額を下げられるより酷いケースでは、その車だけを引き取って提示された金額が振り込まれないこともあるのです。

    詐欺まがいのケースに遭遇したときには、直ぐに最寄りの消費者生活センターなどに相談に行くのが得策です。

    複数の査定業者から見積もりを出してもらうことを俗に相見積もりといいます。

    相見積もりをどんな時にでも可能なようにしたのが、Webで利用可能な車の一括査定サイト。

    それから、この相見積もりは、一緒に同じ時刻にたくさんの査定スタッフに売却希望車を実際に見積もってもらって、みんなで査定額を出し合ってもらうという意味もあります。

    業者の中には他の業者と同時に査定するのを毛嫌いするところもあるのですが、大部分は相見積もりをOKして貰えることでしょう。

    実用品ですから仕方がないとはいえ、ボディの擦り傷やへこみ等も実車査定をする際にかならずチェックされるはずです。

    あからさまに分かるキズはマイナス点となり見積額に響いてきますが、乗っていれば普通につく薄い傷程度なら所有者が心配するほど査定額に響くことはありません。

    査定前には僅かなキズでも気になるかもしれませんが、修理に出したところで修理代を上回るほどの査定額アップはまずないと考えて良いでしょう。

    数年に一度しか使わない個人と大口顧客である中古車屋相手では修理価格は大幅に違いますから、わざわざ高い支払いをするよりは傷ありで売る方がお得です。

    自治体の消費生活相談窓口や国民生活センターにはいつも大量の中古車取引のさまざまな相談電話がかかってきます。

    近年はとくに売却(買取)絡みの電話が増える一方です。

    内容的に多いのは、ネットの一括見積りサイトを通じて査定依頼したら、断っても執拗に営業電話が来て困っている、頼みもしないのに訪問査定に来て、帰ってくれないので契約したが解約したいといったものです。

    悪質な業者に当たったときなどは、消費生活アドバイザーなどがいる窓口へ相談するのが大事です。

    諦めてはいけません。

    マイカーを処分する際に真っ先に思い浮かぶのは、ディーラーによる下取りか、中古車買取業者への売却です。

    売却の方を選ぶのであれば複数店舗に見積りを出させて金額を競わせ、高い買取額を狙うというのもありです。

    その対極にあるのがディーラーによる下取りですが、この場合は価格競争の必要がないので相場より安い価格になってしまうかもしれません。

    しかし車を購入するのと同時に古い車も処分できますし、代車の心配も不要です。

    どちらを選ぶかは車の持ち主次第です。

    派手に改造してある車は車検すら通すことが不可能です。

    しかし、このような改造車でも、買取査定に出すことはできます。

    しかしながら、一般的な中古車買取業者では必ずしも買ってくれるとは約束できませんし、マイナス査定になることが多いケースがあることを知っておきましょう。

    改造車を売るならば改造車の知識が豊富で、専門の販売ルートを確立している専門業者で査定してもらい買取の手続きをするのが賢い選択です。

    自動車の程度にもよりますが、通常の中古車買取店では提示されないようなプラス査定になることもままあります。

    残っている期間によっても異なりますが、自動車車検は見積価格を左右することがあります。

    当然ですが車検切れの車よりも車検が長く残っている自動車の方が良いに決まっています。

    ただ、残りの期間が一年もないくらいではそれほど見積金額に上乗せされることはないでしょう。

    車検の残りが少ないと査定金額も高くないからといって、車検を通してから車の売却を考えるのはあまり適切ではありません。

    車検にかかる総費用と車検を通したことによってアップする査定額とでは、前者の方が金額が高くなる場合がほとんどだからです。

    中古車を売ってしまった後になって、「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」を理由として業者側が車の買取金額を減額したり契約解除を告げられることがあります。

    事故を起こした車だと言うことを隠して売りつけたのならば自分の方が非難されるべきですが、査定時に何か見落としがあったというならば自分が非難される筋合いはないでしょう。

    納得できない理由で買取額の減額や契約解除を迫ってくるときには、消費生活センターや国民生活センターなどへトラブルが起きている旨を話してみると無駄に気をもむ必要がなくなります。