トップページ

    このサイトではユンボの買取相場が分かるおすすめの重機買取業者を紹介しています。
    「ユンボの買取相場を調べて高額買取してくれる専門店に売りたい。」と考えている場合はこのページで紹介しているオススメの重機買取店で調べてみてください。

    ユンボを高額買取してもらうために大事なことは「複数の重機買取店で査定の依頼をする」です。1社の重機買取店だけとか近隣の建設機械買取店で下取りを依頼しようと考えているなら明らかに損をするのでやめておきましょう。

    トラックや重機・建設機械の一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるので時間がかかりません。複数の重機買取業者からの査定額を比較することができるので、ユンボ(油圧ショベル)の買取価格の相場を調べる手間が省けます。
    トラック買取.com

     トラック買取.comは、トラックやユンボの買取相場を調べられる商業車両の無料査定サイト。
    他社の買取見積書を持っている場合は、その金額よりも高くユンボを買い取ってもらえます。

    しかも、ネットの買取査定サービスにありがちな「しつこい営業電話」もありません。「断りにくい状況を作りません。」と宣言している買取業者なので、安心してユンボの無料査定に申し込めます。

    もちろん、全国の出張買取に対応していて利用は無料。離島でも山間部でも完全に無料です。

    即日の現金買取にも対応していますし、台数も金額も無制限です。
    「まとめてユンボを何台も売りたい」という場合でも、その場で現金支払いをしてもらえます。






    トラック一括査定王

     トラック一括査定王は、1分もかからない簡単入力でユンボの買取相場が分かる無料の一括査定サイト。
    複数の業者と提携してして、厳選5社にユンボの買取査定を依頼できます。

    いくつもの重機買取業者に査定の依頼を申し込むことで買取金額の違いや相性を比較することができるので、複数業者に査定依頼をして長い距離を走ったユンボを1円でも高く売りましょう。

    「いくつもの買取業者に買取査定をお願いすると断るのが大変で…」という場合でも、業者へのお断り代行サービスをしていますので、安心して利用してみてください。






    トラック王国

     トラック王国は、長年の実績を持つ老舗の中古トラック買取業者。
    中古トラックやユンボ、重機の現車確認や試乗ができる展示場が全国5ヵ所にあり、中古トラックの販売サービスも行っているので、独自の販売ルートを持っています。

    その為、他社よりもユンボを高く売れる可能性があります。
    テレビCMやラジオ、雑誌などでも宣伝しているので知名度も抜群で全国への出張査定も無料。

    商業車によくある低年式や過走行車、廃車寸前の状態でも独自の販売ルートがあるため、高額買取が可能です。
    看板消しやレッカー移動も無料ですし、「10年以上使っているユンボを買い取って欲しい」という場合でも査定依頼ができます。






    車買取コラム

    出来るだけ高い値段で自分の中古車を売るためには、査定を一店舗で終了させないでたくさんの買取業者から査定金額を提示してもらうことです。

    他の店舗が表示した見積もりの金額を言うことでその車の見積額が上がることは良くあることだからです。

    複数の会社に一度に査定をお願いするためには無料一括査定サイトを利用するのが有効ですが、一括査定サイトで飛び抜けて高値を提示する店舗は詐欺会社かもしれませんから注意してかかってくださいね。

    買取希望の中古車のおよその査定金額を確認したいときに、ネットを介して車の一括査定サイトを使って知る手段もありますが、メーカーのホームページ上で参考となる見積金額を知ることもできます。

    メーカーのWebサイト上で参考価格を確認するだけならば匿名でOKで車の年式や車種だけの基本情報だけで検索可能なサイトもありますから、一括査定サイトを活用した場合のような勧誘の電話攻撃に悩まされることはなくなります。

    プロのスキルを持った中古車査定士には簡単な嘘はあっと言う間にバレてしまいますよ。

    実際には事故を起こしたり修理をしたことがあるのに、これらが理由で低い見積もりを出されたくなくて嘘はちょっと調べれば直ぐに判別がつきますし、嘘をついたことが原因で査定担当者と信頼関係を築こうとしてももう手遅れです。

    結果的に、厳しい見積額を提示される可能性が起こっても仕方ありませんから、修理歴などについても包み隠さずにはっきりと申告しましょう。

    新しい車をディーラーで買う際についでに下取りもお願いしてしまうのであれば、次の車が届くまでは古い車に乗り続けることができます。

    しかしながら中古車買取業者に買い取ってもらう際は、納車までに車がない期間が生じる可能性もあります。

    代わりに自転車や公共交通機関が使えれば良いのですが、そうでない場合はあらかじめ査定を依頼する前に契約には代車があることが不可欠であると伝えておかなければなりません。

    同じ業者でも店舗が違うとまったく代車がないなどということもありますし、先に確かめておかないとあとになって困ることになります。

    中古車屋の査定というのは、外観や走行キロ数などいくつかの項目で標準値を設定し、加点減点を行い評価額を割り出します。

    そこで必ず減点対象となるのは、外装のヘコミ、キズ(大きなもの)です。

    ただ、あまり気にして自分で直そうと思ってしまうと、業者からするとマイナス査定をつけざるを得ない状況にもなり得ます。

    プロ並みの機材と労力があれば構わないですが、一般の方の場合はキズがあるままで売ったほうが出費も少なくて済みます。

    査定の時に天気が悪かったりすると、晴天時に比べて車のボディの傷や汚れが見づらいので、減点されにくいと言われています。

    ただ、業者自身も見づらいのは分かっていますから、「見落とさない対策」も用意されているので、今となっては絶滅寸前の噂と思ったほうがいいでしょう。

    また、よく手入れされた車両というのは明るい晴れの日のほうが新しく美しく見えます。

    査定士にしたら天気の差などは微々たるものですし、違いがあるとしてもどちらが良いということは言えませんので天候には頓着せず、好きなときに査定してもらうのが一番です。

    「自賠責保険」は自動車を所有する全ての人に加入が義務づけられています。

    これは、条件が整えば自動車を引き払うときに保険金が還付されることがあるのです。

    その一定の条件というのは、自賠責保険の残り有効期限が一ヶ月以上あって、廃車にすることを決めた場合です。

    廃車にせずに車を売却するときは還付されないのです。

    さらに言うと、保険金が戻ってくる場合にも手続きなしに入金されるという事はないのです。

    自らが保険会社に対して手続きを行ってはじめて保険金が戻ってきます。

    自動車を売り払った後になって、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金の減額もしくは契約の解除を通達されることがたまにあります。

    自分が事故歴などを業者側に嘘を付いて売ったのならば売却側に非があると言えるのですが、査定士が見積もり時に傷などを確認していなかったのならば自分が非難される筋合いはないでしょう。

    納得できない理由で買取額の減額や契約解除を迫ってくるときには、消費生活センターなどに行って、いざこざが起きている旨を話してみると無駄に気をもむ必要がなくなります。

    何かしらの理由で所有する自動車を査定してもらいたい時には車検証だけあれば良いのですが、いざ売却するときには複数の書類が必要になってきます。

    売却が普通自動車だったら車検証のほかに納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券、印鑑証明書、実印を用意することになります。

    これらの書類中、納税証明書がなくなっていることに気が付いたら、普通自動車と軽自動車では再発行をお願いするところは異なってきます。

    一般的な普通自動車の場合は都道府県の税事務所に行けば良いですし、軽自動車の場合には役所の窓口に行って再発行を依頼するようにしましょう。