トップページ

    このサイトではユンボの買取相場が分かるおすすめの重機買取業者を紹介しています。
    「ユンボの買取相場を調べて高額買取してくれる専門店に売りたい。」と考えている場合はこのページで紹介しているオススメの重機買取店で調べてみてください。

    ユンボを高額買取してもらうために大事なことは「複数の重機買取店で査定の依頼をする」です。1社の重機買取店だけとか近隣の建設機械買取店で下取りを依頼しようと考えているなら明らかに損をするのでやめておきましょう。

    トラックや重機・建設機械の一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるので時間がかかりません。複数の重機買取業者からの査定額を比較することができるので、ユンボ(油圧ショベル)の買取価格の相場を調べる手間が省けます。
    トラック買取.com

     トラック買取.comは、トラックやユンボの買取相場を調べられる商業車両の無料査定サイト。
    他社の買取見積書を持っている場合は、その金額よりも高くユンボを買い取ってもらえます。

    しかも、ネットの買取査定サービスにありがちな「しつこい営業電話」もありません。「断りにくい状況を作りません。」と宣言している買取業者なので、安心してユンボの無料査定に申し込めます。

    もちろん、全国の出張買取に対応していて利用は無料。離島でも山間部でも完全に無料です。

    即日の現金買取にも対応していますし、台数も金額も無制限です。
    「まとめてユンボを何台も売りたい」という場合でも、その場で現金支払いをしてもらえます。






    トラック一括査定王

     トラック一括査定王は、1分もかからない簡単入力でユンボの買取相場が分かる無料の一括査定サイト。
    複数の業者と提携してして、厳選5社にユンボの買取査定を依頼できます。

    いくつもの重機買取業者に査定の依頼を申し込むことで買取金額の違いや相性を比較することができるので、複数業者に査定依頼をして長い距離を走ったユンボを1円でも高く売りましょう。

    「いくつもの買取業者に買取査定をお願いすると断るのが大変で…」という場合でも、業者へのお断り代行サービスをしていますので、安心して利用してみてください。






    トラック王国

     トラック王国は、長年の実績を持つ老舗の中古トラック買取業者。
    中古トラックやユンボ、重機の現車確認や試乗ができる展示場が全国5ヵ所にあり、中古トラックの販売サービスも行っているので、独自の販売ルートを持っています。

    その為、他社よりもユンボを高く売れる可能性があります。
    テレビCMやラジオ、雑誌などでも宣伝しているので知名度も抜群で全国への出張査定も無料。

    商業車によくある低年式や過走行車、廃車寸前の状態でも独自の販売ルートがあるため、高額買取が可能です。
    看板消しやレッカー移動も無料ですし、「10年以上使っているユンボを買い取って欲しい」という場合でも査定依頼ができます。






    車買取コラム

    中古車の査定額を幾らかでもアップさせるポイントは、実際に査定に出す前にしっかりとキレイにしておくことが重要です。

    修理や事故の記録は残りますから、自分で言わなくても分かってしまうのです。

    その一方で、シートなどの汚れや車内の悪臭は自分で対処することで大分片付けることができるはずです。

    とりわけ、車の中で煙草を吸う習慣があった人は、タバコの臭いが嫌われることを念頭に置いて、査定が低くならないように消臭することを心掛けましょう。

    修理したことがある車を修理歴車と呼称しますが、一般的には事故車と呼んでいます。

    そしてこの修理歴車は中古車査定においてかなり見積もりを下げてしまう要因となってしまいます。

    しかし、修理したことがある全部の中古車が修理歴車の扱いを受けるというものでもありません。

    車の骨格に相当するところまで修理されていなければ、外装のへこみなどを板金塗装してあったとしても通常の修理歴車扱いにはなりません。

    しかしながら、修理歴車という呼称はされなくても、修理した痕跡がある車については査定時に減額されることが多いと覚えておきましょう。

    これから売却しようと考えている車にこれでは売却したくないと考える査定金額を出されたら、もちろん何が何でも売らなければならないわけではないので、売却の取りやめをしてもOKです。

    中古車の査定をしたからといって、実際に絶対に売却すべきであるという決まりは何処にもありません。

    はじめの段階の査定金額ではうなずけないと伝えるとノーと言った時点から、査定金額アップのやり取りが可能になる場合もあるでしょうし、より高値で査定してくれる会社がないとも限りません。

    自分が納得できない金額を表示されたら「嫌だ」といっても良いのです。

    自動車は国の検査と登録を経て初めて車検証が交付されます。

    そしてそれを基準に何年落ちといった言い方をするものです。

    よく混同しやすいのですが、製造年ではなく初年度登録(車検証を見るとわかります)がベースなので間違えないようにしましょう。

    価格は年数が進むほど安くなり、10年落ちともなれば元の価格とは比べ物にならないほど安くなってしまいます。

    売っても儲けは僅かでしょうが、いざ購入する立場で見てみると、10年落ちでも充分にメンテナンスされた車があれば、激安で高級車を手に入れることもできるわけです。

    これならいいだろうと思える査定金額に達し、売買契約に署名捺印するとなれば、売主が用意しなければいけない書類がいくつかあります。

    普通車と軽自動車では印鑑や書類の種類も違うので注意しなければいけません。

    基本的に車検時に必要なものと同じですが、まず車検証、リサイクル証明と自賠責保険証、そして(軽)自動車税の納税証明書が必須です。

    印鑑については実印と印鑑証明が必要ですが、軽の場合はスタンプ印以外であれば認印で構いません。

    よって印鑑証明書も不要です。

    たいていの買取業者は夕方以降の暗い時間帯にも無料で出張査定に来てくれます。

    暗い時間に査定するほうが昼に比べて車体のへこみや傷といったアラが見えにくいため、マイナス対象が減って査定額が高くなるなどといった説があります。

    ただ、屋外照明が蛍光灯や豆球の懐中電灯だった頃ならともかく、いまとなっては昔話です。

    たしかに夕方以降や曇天、雨天といった状況下では光の反射が少ないので噂のようなこともあるかもしれませんが、業者もそれは承知なので厳しく減点している可能性もあります。

    こまめに洗車してワックスコートが充分な車なら、晴天の屋外の方が光沢があって新しく見えますし、専門家はそれらを踏まえた上で見るので、天候を選ぶ意味はほとんどないでしょう。

    当然かもしれませんが、自動車を売買するときには、車体にキズなどがないに越したことはありませんね。

    傷などがない方が良いと言っても、自分で直そうとすると、プロが見ると却って目立ってしまうケースが散見します。

    故意に付けなくても自然に付いてしまうようなとても薄い傷などは、マイナス査定されないことも良くあります。

    自動車修繕などを手がけたことのない人であるならば、無理矢理に修復しようと試みずに、傷などを付けたままで見積もりを依頼した方が良いのです。

    中古自走車を売却する際には、「車庫証明」は必要書類の中に含まれていません。

    しかし、新しく自動車を購入した際には、車庫証明の手続きをしなければしけません。

    これに関しては、自動車販売店が代わりに手続きをやってくれる場合が多いですが、自分が取得手続きをするのが本来の姿です。

    何事もチャレンジの精神で行けば、ちょっと面倒でも業者に払う手数料は払わなくて済むので、自分で手続きに行っても良いと思います。

    手続きをするときには、前に乗っていた車はどうなったか説明しないといけないので、必要書類として自動車の売買契約書があります。

    中古自動車を見積もり査定に持って行く前に丁寧に洗車しておくと、直接査定には響きませんが幾らかでも高額に見積もってもらいたいと考える全ての人に実行してもらいたいことです。

    じっさいには車が洗車してあってもなくても、車の見積額がプラス査定されると言うことはほとんどありません。

    査定額アップに直接は結びつかなくても、車を大事に扱う人だと言うことを買取店舗に対してアピールするポイントになるのです。

    手荒に乗っている所有車よりも印象が良いですから、見積金額が高めに付く可能性が出てくるのですね。